生命尊重センター

活動紹介 生命尊重センターの啓発活動

生命尊重ニュースの発行

日本でただ一つのお腹の赤ちゃんを守る機関誌として、"いのちは授かりもの""胎児は人間"をメッセージし、毎月発行しています。 家庭だけでなく、学校や幼稚園、助産院や病院など地域にも広がっています。


いのちの講演会

生命尊重最大のイベントであるいのちの講演会。マザー・テレサの言葉から始まり、「私たちの愛のすべてを捧げて、生まれてくる赤ちゃんの命を助けたい」と願って、全国に広がり、有名講師、地元講師による講演会を開催しています。すべての赤ちゃんが温かく迎えられる町づくりをテーマに、年1回の行事として地域に定着しつつあります。
いのちの講演会詳細はこちら


ワン&オンリーの会

One&Onlyとは、「あなたも私もたった一つのかけがえのない命」の意味。ワン&オンリー会とは、この思いを大切に、『生命尊重ニュース』をテキストに、授かった命の大切さや子育てについて学び合う場です。
ワン&オンリーの会詳細はこちら


円ブリオ基金

日本中の1億人の人に呼びかけて、ひと口1円を集め、それを原資として経済的に産みにくい妊婦さんを支援し、新しい命の誕生を応援する"ひと口1円1億人"「円ブリオ基金」です。embryo(エンブリオ)とは、8週までの胎児のことです。


生命尊重センター

東京都千代田区五番町2-15
第一星光ビル2F
TEL:03-3239-0239
受付:午前10時〜午後6時